圓隆寺(とうかさん)の御朱印情報~広島県広島市中区三川町8-12~

都道府県別
住 所広島県広島市中区三川町8-12
宗 派日蓮宗
由 緒1619年、広島藩主・浅野長晟が、国前寺17世・日音上人をお迎えし開山したのが始まり。 圓隆寺を創建したのと同時に『稲荷(とうか)大明神』を勧請。『とうかさん』とは、稲荷を音読みで『とうか』と読んだのが由来。 1945年、原子爆弾により焦土と化したが、1946年に35坪の家屋を建造し、1965年に現・本堂などを建立し現在に至る。 赤穂義士・原惣右衛門は『とうかさん』を熱烈に信仰していたらしく、その縁から原惣右衛門ご夫妻と子孫の墓が境内に祀られている。 毎年6月、広島3大祭の1つ『とうかさん』は、浴衣の着始め祭りとして有名で、390余年の歴史を誇る。 祭りが行われる中央通りには、露店が約1000店並び、約30万人の人出で賑わう。

見所広島3大祭り・とうかさん大祭(毎年6月開催)
赤穂義士・原惣右衛門の墓

 
タイトルとURLをコピーしました