廣瀬神社の御朱印~広島県広島市中区広瀬町1−19~

都道府県別
住 所広島県広島市中区広瀬町1−19
祭 神市杵島比賣命・多岐理比賣命・多岐津比賣命
由 緒1573~1593年、この地に廣瀬弁財天という社があった。 広島城主・毛利輝元がこの地に毛利家の菩提寺・洞春寺を移転するにあたり、廣瀬弁財天を鎮守社とし、廣瀬市杵島大明神と称する。 1723年、廣瀬大明神と改称し、広島西部一円の氏神として崇敬した。 1872年、廣瀬神社と改称。1945年、原爆により焼失。その後、再建。

見所●鳥居
1920建立 神明鳥居

●狛犬①
1940建立 構え獅子

●狛犬②
1859年建立 広島玉乗り型

 
タイトルとURLをコピーしました