最上玉森稲荷大明神の御朱印~広島県広島市中区南竹屋町5−8 ~

都道府県別
住 所広島県広島市中区南竹屋町5−8
祭 神最上玉森稲荷大明神
由 緒1865~1867年、平野屋という醤油の醸造場の家の守護神として祀られたのが始まり。 いつしか地域の守護神となる。 当時は広い境内と拝殿があり、紀元2600年記念事業として広島一大きい国旗掲揚台があったという。 1945年、原子爆弾により焼失。 3本松のお稲荷さんとして親しまれている。

メモ『とうぎ整形外科リハビリクリニックメディカル・ケアセンター絆』横の道路に鎮座。本殿裏には3本松。

 
タイトルとURLをコピーしました