広島天満宮の御朱印~広島県広島市西区天満町9−7~

都道府県別
住 所広島県広島市西区天満町9−7
祭 神菅原道真
由 緒その昔、町内では度々火事が起こり、町の人々は安心して暮らす事ができなかったので、1788年、天神様のお力でこの災いを払い除けようと、町名を天満町に変えたという。1822年、天満宮を町の守り神としたが地理的に悪く、1827年に現在地に移転。 1945年、原爆により焼失。 宮司は御神体を防空壕に避難させていた。その後、天満南町に仮のお宮を造る。1946年に本殿、1954年に拝殿を再建。
HP

メモ境内はとても狭い。

駐車場はありません。

●最寄りの駅
広島電鉄・天満町電停より徒歩約3分。

 
タイトルとURLをコピーしました