疱瘡神社の御朱印~広島県広島市南区堀越3丁目22~

都道府県別
住 所広島県広島市南区堀越3丁目22
祭 神天女姫
由 緒平安時代末期、源義朝の死後、源義朝の側室・常盤御前は3人の子供を連れて平清盛の所へ助命嘆願に行った。 そしてその後に生まれたのが天女姫とのこと。 天女姫はその名の通り天女にも似た美女だったが、不幸にも疱瘡(天然痘)という病気にかかってしまった。 平清盛は全国の名医を集めて治療に専念したが、病が癒える事はなかった。 そこで平清盛は、平家の守り神・厳島明神にすがる事にした。 1179年、天女姫を船に乗せ宮島に向け出港し、26日間の船旅の末、宮島に到着。 厳島神社で祈願した後、帰路に就いたが、急に天女姫の病状が悪化し、14歳の若さで息を引き取った。 平清盛は、遺骸を埋葬すべき場所を神に伺うと『これより東方七里、赤旗が建っている場所こそ埋葬の地である』というお告げがあったという。 平清盛は、船に遺骸を乗せ、東方へ向け漕ぎ進めると、お告げ通り赤旗が建っている丘があったので、金銀12枚、手玉7つ、玩具類7個と姫が肌身離さず持っていた黄金仏などを副葬品として埋め、 その印として、せんだんの木を植えた。 そして、その場所から東方八間の所にお堂を建て、阿弥陀如来を祀り、その脇に十二単で身を飾った天女姫の木像を安置した。 その場所が現在の疱瘡神社とのこと。

メモ●平清盛ゆかりの神社

●天女姫の埋葬地
本殿の外壁には天女姫伝説の漫画が貼られている

●境内には四等三角点がる

●細道の為、車では行けない

●大原神社の兼務社

●本川井戸(天女姫ゆかりの井戸)
疱瘡神社から山を下った所にある

 
タイトルとURLをコピーしました