今宮神社の御朱印~京都府京都市北区紫野今宮町21~

都道府県別
住 所京都府京都市北区紫野今宮町21
祭 神大己貴命・事代主命・奇稲田姫命
由 緒現在地には794年の平安遷都以前から疫神スサノオを祀る社(現・摂社疫神社)があった。 平安遷都後、しばしば疫病や災厄が起こり、神泉苑、上御霊神社、下御霊神社、八坂神社などで疫病を鎮めるための御霊会が営まれた。 994年、都で大規模な疫病がはびこったため、朝廷は神輿2基を造って船岡山に安置し音楽奉納などを行なう。これが今宮祭の起源。 1001年、再び疫病が流行。そこで朝廷は疫神を船岡山から現在地に移し今宮社と名付けた。 創祀以来、朝廷・民衆・武家からの崇敬は厚く、1284年には正一位の神階が与えられた。 1467~1478年、応仁の乱などに巻き込まれて焼失し荒廃する。 1593年、豊臣秀吉が今宮社の御旅所を再興し、神輿1基を寄進。 西陣の八百屋に生まれたお玉が徳川3代将軍・家光の側室となり、5代将軍・綱吉の生母・桂昌院として従一位となった。 このことが玉の輿ということわざの由来となった。今宮神社は別名・玉の輿神社と言われている。 京都の寺社の復興に力を注いだ桂昌院は、今宮社に対する崇敬と西陣に対する愛郷の念が非常に強く、 1694年には荒廃していた社殿の造営などを行った。
HP紫野 今宮神社

メモ ●別名・玉の輿神社

●本殿・・・1902年建立
●幣殿・拝所・廻廊・・・1902年建立
●拝殿・・・1694年建立 1864年改修
●本殿築地塀・・・明治時代後期建立
●神楽殿・・・1839年建立 明治時代後期改修
●絵馬舎・・・1800年建立
●祭器庫・・・江戸時代後期建立 大正時代後期移築
●神輿庫・・・大正時代後期建立
●手水舎・・・1694年建立
●楼門・・・1924年建立
●楼門東廻廊・・・1926年建立
●楼門西廻廊・・・1926年建立
●東門・・・1881年建立
●東門南北築地塀・・・1881年建立
●疫神社本殿・・・1908年頃建立
●疫神社渡廊・門・廻廊・・・1908年頃建立
●若宮社本殿・・・1694年建立
●若宮社拝殿・・・1694年建立
●若宮社門・透塀・・・1694年建立
●地主社本殿・・・1842年建立
●地主社拝所・透塀・・・1842年建立
●月読社本殿・・・1910年建立
●月読社拝所・透塀・・・1910年建立
●八社・・・1694年頃建立
●八幡社・・・江戸時代後期建立
●大将軍社本殿・拝所・・・1695年頃建立
●日吉社・・・江戸時代後期建立
●宗像社・・・1694年頃建立
●御旅所鏡の間・・・江戸時代末期建立
●御旅所権殿社・・・1795年建立
●御旅所神輿奉安殿・・・1945年建立
●御旅所能舞台・・・1795年建立


1902

 
タイトルとURLをコピーしました