建勲神社の御朱印~京都府京都市北区紫野北舟岡町49~

都道府県別
住 所京都府京都市北区紫野北舟岡町49
祭 神織田信長
由 緒1869年、戦国乱世において天下統一、朝儀復興などの事業を進めた織田信長を賛えるため、明治天皇が健織田社の創建を決定した。 1870年、織田信長の子孫・織田信敏の邸内(東京)と、織田家旧領地の山形県天童市に建勲社を造営。 現在地の船岡山は、豊臣秀吉が織田信長の廟所と定めた地とのこと。1880年、船岡山に遷座。 1881年、織田信忠を合祀した。
HP京都 建勲神社 (御祭神 織田信長公)|公式サイト

メモ ●社格・・・旧別格官幣社・別表神社
●国の重要文化財
刀 無銘(義元左文字)・紺糸威胴丸・信長公記

●船岡大祭
1568年の信長上洛の日にちなみ10月19日に行われる
 
タイトルとURLをコピーしました