琴比羅神社(龍泉寺観音堂)の御朱印~広島県広島市東区戸坂町687番地~

都道府県別
住 所広島県広島市東区戸坂町687番地
祭 神大国主神・少彦名神
由 緒創建年は不詳。 1860年の瀧の金比羅宮社記に『瀧の水を御神水と称え、この御神水を湯浴すれば宿病平癒のご利益があるよ』的な記述があり、 古くから参拝者が絶えない神社だった。 1928年には神殿、拝殿、社務所などを完備したが度々の風水害で破損し、現在は本殿を残すのみ。 境内に残る龍泉寺観音堂は神仏習合の名残りで琴比羅神社の別当寺。 龍泉寺観音堂も由緒は不詳。琴比羅神社を奥の院と呼び、龍泉寺観音堂を下観音と呼んでいる。
HP琴比羅神社 – 狐瓜木神社

メモ●琴比羅の滝
1860年の瀧の金比羅宮社記に記載されている滝

●龍泉寺観音堂
隣接して琴比羅神社の別当寺・龍泉寺観音堂があり、神仏習合の形態をとっている

●琴比羅神社と龍泉寺観音堂は狐瓜木神社が管理してる

 
タイトルとURLをコピーしました