常照寺の御朱印情報~京都府京都市北区鷹峯北鷹峯町45~

都道府県別
住 所京都府京都市北区鷹峯北鷹峯町45
宗 派日蓮宗
由 緒1616年、日乾上人が開創したお寺です。このお寺には、日蓮宗の学問所である檀林が置かれ、鷹峰檀林と呼ばれていました。最盛期には学僧200余人が学んでいたそうです。1624~1644年、2代目・吉野太夫が日乾上人に帰依し、吉野太夫ゆかりのお寺としても有名です。
スポンサーリンク

境内

●2代目・吉野太夫ゆかりのお寺です

●山門

・1628年建立
・2代目・吉野太夫が寄進
・別名・吉野門

朱塗りというか赤塗りの吉野門がトレードマークのお寺です。
近くには光悦寺と源光庵があるので、光悦寺と源光庵と常照寺をセットで巡る人が多いようです。


●手水鉢

フルーティーで可愛い手水鉢でした。
ミカンのように見えました。


●本堂

・現・本堂は創建当時の講堂を改築したもの
・瓦葺 寄棟造
・本尊は十界大曼荼羅

創建当時は日蓮宗の学問所である檀林が置かれ、鷹峰檀林と呼ばれていたそうです。その為、常照講寺と呼ばれた時期があったそうです。

スポンサーリンク

遺芳庵

●吉野太夫はとてつもない美女だったといいます

●茶室・聚楽亭と茶席・遺芳庵
●遺芳庵
遺芳庵は、吉野太夫の死後、吉野太夫の夫・灰屋紹益が彼女を偲ぶために作られた茶室です。


●遺芳庵の吉野窓

●吉野窓
吉野窓とは吉野太夫が好んだ丸い窓です。窓の下が直線になってるのが特徴的で、満ちれば欠けるという意味を表しているようです。吉野太夫は、あえて不完全な円にすることによって、自分は完璧ではないと戒めたようです。


●2代目・吉野太夫の墓

●2代目・吉野太夫の墓
2代目・吉野太夫とは江戸時代初期に活躍した遊女です。江戸・吉原の高尾太夫、大坂・新町の夕霧太夫と共に寛永三名妓の1人です。

ちなみに太夫とは遊女の最高位に与えられる称号です。

2代目・吉野太夫は、和歌・連歌・俳諧・琴・琵琶・書・茶の湯・立花・囲碁・双六などなど、全て達人の域に達しており、当時京都に18人いた太夫の中でもズバ抜けた存在だったそうです。美貌と才を兼ね備えた吉野太夫の名は国内のみならず、海を越えて中国・明国まで知れ渡ったという。26歳で遊女を引退しますが、その後、吉野太夫の身請けをめぐって関白・近衛信尋と京の豪商・灰屋紹益が競います。勝ったのは灰屋紹益。吉野太夫は灰屋紹益の妻となります。結婚後は、華やかな姿を捨てて質素な暮らしをしたといいます。

熱心な法華経信者で、この常称寺にも山門を寄進してます。 その縁あって、死後は常照寺に葬られました。

毎年4月第3日曜日、吉野太夫を偲んで常照寺では花供養が行われてるそうです。

吉野太夫はとてつもない美女だったといいます。ひと目拝見したかったなぁ。って、お金も品もないから無理か。

スポンサーリンク

その他の見所

●帯塚

・1969年年建立
・全国で唯一、帯を供養する塚


●妙法龍神堂

その他、鬼子母尊神堂があったようですが、見事に見逃して帰りました。


●境内の風景

紅葉の名所とのことなので、今度は紅葉シーズンに来てみたいです。

スポンサーリンク

ひと足のばして

スポンサーリンク

御朱印


御朱印は拝観受付で頂きました。

常照寺の地図

 

タイトルとURLをコピーしました