二宮神社(神戸八社巡り)の御朱印~兵庫県神戸市中央区二宮町3丁目1−12~

都道府県別
住 所兵庫県神戸市中央区二宮町3丁目1−12
祭 神天忍穂耳尊・応神天皇
由 緒創建年は不詳。 201年、神功皇后が三韓征伐から凱旋帰国の途中、生田神社を建立したそうです。 そして神のお告げにより生田神社周辺の8社を巡拝したといいます。 そんなこんなで、神功皇后の参拝順に従って1宮~8宮と名付けられ、 この神社は2番目に参拝したということで生田裔神八社(神戸八社)の二宮となったそうです。 神戸八社には天照大神と素盞鳴尊の誓約の際に生まれた5男神・3女神が祀られており、 この二宮神社には天忍穂耳尊が祀られています。
HP神戸八社巡り
スポンサーリンク

神戸八社巡り

●神戸八社巡りとは

神戸八社巡りとは神戸市内に鎮座する一宮神社から八宮神社を巡拝することです。

201年、神功皇后が三韓征伐から凱旋帰国の途中、生田神社を建立したそうです。そして神のお告げにより生田神社周辺の八社を巡拝したといいます。 そんなこんなで神功皇后の参拝順に従って一宮~八宮と名付けられたそうです。

この八社にはそれぞれ、天照大神と素盞鳴尊の誓約の際に生まれた5男神・3女神が祀られています。

ちなみに一宮は北野村・二宮は生田村・三宮は神戸村・四宮は花隈村・五宮は奥平野村・六宮は坂本村・七宮は兵庫津北浜・八宮は坂本村で鎮守として信仰されていました。

神戸では、古来より節分の日に八社を巡拝し、厄を払って願いを祈る風習があるそうです。


●一宮神社 → 二宮神社

一宮神社の参拝を終え、東に向けてテクテク。

スポンサーリンク

鳥居①と手水舎と狛犬

●鳥居①

そんなこんなで、一宮神社から徒歩10分
旧葺屋荘の鎮守社であります、二宮神社に到着。
JR・三ノ宮駅からほど近く、街中に鎮座する神社でした。

最近は社名の二宮にちなんで嵐ファンの聖地として人気のようです。私も嵐のワンフー(死語?)なら、嵐神社を巡拝してただろうなぁ。でも光GENJI世代だし、あんまり嵐の事がわかんないから、私にとって二宮さんと言えば嵐ではなく二宮清純さん・・・。


●鳥居①
・1902年建立
・明神鳥居

鳥居①には、1945年の神戸大空襲の際、アメリカ軍戦闘機が機銃掃射した弾の跡があるそうです。
どれだろう・・・多分、これかな???


●参道と手水舎

●参道
趣のある石畳の参道。

●手水舎とケヤキ
見事に写真を撮り忘れましたが、手水舎の後ろには樹齢 約700年のケヤキがありました。


●狛犬

●狛犬
・1910年建立

拝殿前の狛犬です。
垂れ耳タイプのカッコいい狛犬でした。

スポンサーリンク

拝殿と本殿

●拝殿

●拝殿
・建立年不明
・銅板葺 唐破風付き入母屋造
・RⅭ造
・旧葺屋荘の鎮守社
・生田裔神八社の1社
・通称・正勝さん


●祭神
・天忍穂耳尊・応神天皇を祀る

祭神の天忍穂耳尊天照大神と素盞鳴尊の誓約の際天照大神の左のみづらに巻いた玉から生まれた5男神の1柱です。

ちなみに天照大神の長男瓊瓊杵尊の父です。

天忍穂耳尊のフルネームが正勝吾勝勝速日天之忍穂耳命ということで、通称・正勝さんと呼ばれている神社だそうです。


●本殿

●本殿
・建立年不明

反り返った千木と鰹木。
本殿の全体像を見ることができなかったので、建築様式はわかりませんでした。 なんだかカブトムシみたいな屋根でした。




このサイトで天照大神と素盞鳴尊の誓約のことや神様の家系図などをわかりやすくイラストで紹介してくれてます。 ↓
[6]手に負えないスサノオとアマテラスの対決
アマテラスとツクヨミは、それぞれの場所をしっかりと治めていたが、スサノオだけは海を治めないで、ずっと泣き喚いる。アマテラスとスサノオの対決でも神々が生まれる。


スポンサーリンク

境内社など

●稲荷神社

●稲荷神社
・倉稲魂命を祀る
・江戸時代末期、京都・伏見稲荷大社から勧請


●椋白龍社
●椋白龍社
・1955年創建
・白龍大神を祀る

龍神や白蛇にまつわる霊夢が相次いで神社に寄せられたことが、椋白龍社創建のきっかけらしいです。

ちなみに椋白龍社と書いてむくのきはくりゅうしゃと読むそうです。


●おイネ狐

このキツネさんに祈れば良縁と子宝に恵まれ、お腹をさすれば安産間違いなしとのことです。

スポンサーリンク

御幸石

●御幸石

拝殿前の白砂には、由緒ありげな石が祀られてました。

どうやら生田神社に関係する石のようです。


もともと生田神社は砂山(いさごやま)という山に鎮座していたそうです。

しかし859~877年、砂山が洪水で崩壊の危険があった為、一時的に御神体をこの神社に避難させたんですって!

そして、現・生田神社の社地に神社が創建されるまでの間、この石の上に御神体を奉安してたんですって!

この御幸石にしろ◯◯の腰掛石にしろ、ただの石がある日突然特別な石に昇格する。石って面白いです。最近、石に興味があるのはこういった石の1発逆転感に魅かれてるからなのかも知れません。

その他の見所

●石のオブジェ

稲荷神社の参道脇には、石のオブジェがありました。

どうやら阪神大震災で倒壊した鳥居や灯籠などで作った作品のようです。


どこかしら怖さのある作品でした。


●古札納所

古札納所を観察中。
たけしの招き猫かと思って、一瞬ウキッとしたけど・・・違いました。
誰やね~ん・・・。


●鳥居②

●鳥居②
・1917年建立
・明神鳥居

裏参道の鳥居です。


●境内の景色

拝殿前から望む。
街中に鎮座する神社でした。

二宮神社 → 三宮神社

●二宮センター街

参拝後、二宮神社近くの昭和レトロな町並みを歩きました。
ステキ過ぎたので私の中の昭和遺産に認定しました。


●二宮商店街

商店街もステキでした。
こちらも私の中の昭和遺産に認定しました。

そんなこんなで、三宮神社に向けてGO!

御朱印

●御朱印

御朱印は授与所で頂きました。

●初穂料
・墨書・・・300円
・八社巡礼 しおり・御朱印・・・各100円

二宮神社(神戸八社巡り)の地図

神戸八社巡りの巡拝記

●一宮神社の参拝記
一宮神社(神戸八社巡り)の御朱印~兵庫県神戸市中央区山本通1丁目3−5~
住 所兵庫県神戸市中央区山本通1丁目3−5祭 神田心姫命由 緒創建年は不詳。201年、神功皇后が三韓征伐から凱旋帰国の途中、生田神社を建立したそうです。そして神のお告げにより生田神社周辺の8社を巡拝したと...


●二宮神社の参拝記
二宮神社(神戸八社巡り)の御朱印~兵庫県神戸市中央区二宮町3丁目1−12~
住 所兵庫県神戸市中央区二宮町3丁目1−12祭 神天忍穂耳尊・応神天皇由 緒創建年は不詳。201年、神功皇后が三韓征伐から凱旋帰国の途中、生田神社を建立したそうです。そして神のお告げにより生田神社周辺...


●三宮神社の参拝記
三宮神社(神戸八社巡り)の御朱印~兵庫県神戸市中央区三宮町2丁目4−4~
住 所兵庫県神戸市中央区三宮町2丁目4−4祭 神湍津姫命由 緒創建年は不詳。201年、神功皇后が三韓征伐から凱旋帰国の途中、生田神社を建立したそうです。そして神のお告げにより生田神社周辺の8社を巡拝し...


●四宮神社の参拝記
四宮神社(神戸八社巡り)の御朱印~兵庫県神戸市中央区中山手通5丁目2−13~
住 所兵庫県神戸市中央区中山手通5丁目2−13祭 神市杵島姫命由 緒創建年は不詳。201年、神功皇后が三韓征伐から凱旋帰国の途中、生田神社を建立したそうです。そして神のお告げにより生田神社周辺の8社を...


●五宮神社の参拝記
五宮神社(神戸八社巡り)の御朱印~兵庫県神戸市兵庫区五宮町22−10~
住 所兵庫県神戸市兵庫区五宮町22−10祭 神天穂日命由 緒創建年は不詳。201年、神功皇后が三韓征伐から凱旋帰国の途中、生田神社を建立したそうです。そして神のお告げにより生田神社周辺の8社を巡拝した...


●八宮神社(六宮神社)の参拝記
八宮神社・六宮神社(神戸八社巡り)の御朱印~兵庫県神戸市中央区楠町3丁目4−13~
住 所兵庫県神戸市中央区楠町3丁目4−13祭 神●六宮神社・・・天津彦根命・応神天皇●八宮神社・・・熊野杼樟日命・素戔嗚命由 緒創建年は不詳。201年、神功皇后が三韓征伐から凱旋帰国の途中、生田神社...


●七宮神社の参拝記
七宮神社(神戸八社巡り)の御朱印~兵庫県神戸市兵庫区七宮町2丁目3−21~
住 所兵庫県神戸市兵庫区七宮町2丁目3−21祭 神大巳貴命・大日霊貴命・天児屋根命由 緒創建年は不詳。201年、神功皇后が三韓征伐から凱旋帰国の途中、生田神社を建立したそうです。そして神のお告げにより...


 

タイトルとURLをコピーしました