大分県の神社

大分県の御朱印

宇佐神宮の御朱印~八幡神社の総本宮~(大分県宇佐市)

所在地 大分県宇佐市南宇佐2859 祭 神 八幡大神・比売大神・神功皇后 社 格 豊前国一宮・式内社・勅祭社・別表神社 由 緒 725年、聖武天皇の勅願により現在地に社殿を建立し、八幡神を祀ったのが宇佐神宮の始...
中津市の御朱印

大江八幡宮の御朱印情報~中津祇園の元宮~(大分県中津市萱津町)

所在地 大分県中津市萱津町2048 祭 神 応神天皇・仁徳天皇・菟道稚郎子皇子 由 緒 749~757年、宇佐神宮から分霊を勧請したのが始まりといいます。幕末~明治時代の国学者・渡辺重春が執筆した豊前志には、境内前...
中津市の御朱印

薦神社(大貞八幡宮)の御朱印~宇佐神宮の祖宮(元宮)~(大分県中津市)

所在地 大分県中津市大貞209 祭 神 応神天皇・比売大神(宗像三女神)・神功皇后 由 緒 834~848年に創建。その後、1109年に神宮寺の七堂伽藍が建立されますが、源平の争乱時の1184年に緒方惟栄が破壊した...
中津市の御朱印

奥平神社の御朱印~中津城・天守前に鎮座~(大分県中津市)

所在地 大分県中津市二ノ丁 祭 神 貞能霊神・信昌霊神・家昌霊神・仙丸君霊神 由 緒 1717年、豊前・中津藩に入府した中津城主・奥平昌成が、豊前の守護神として祖先を祀ったのがこの神社の始まりといいます。 ...
中津市の御朱印

城井神社の御朱印~黒田氏に謀殺された宇都宮鎮房を祀る~(大分県中津市)

所在地 大分県中津市二ノ丁1273 祭 神 宇都宮鎮房 由 緒 1705年、黒田氏によって中津城内で暗殺された城井谷城主・宇都宮鎮房を祀るために創建した神社。その後、幾度か場所を変えた後、現在地に遷座したそうです。...
中津市の御朱印

中津神社の御朱印~中津祇園で有名な神社~(大分県中津市)

所在地 大分県中津市二ノ丁1273−1 祭 神 素盞鳴尊・応神天皇・仁徳天皇・他13柱 由 緒 1883年、六所神社を主とし、義氏神社・稲荷神社・蛭子神社・大江八幡宮の分霊を合祀して創建した神社。中津市を代表する祭...
中津市の御朱印

中津大神宮の御朱印~豊前の国のお伊勢様~(大分県中津市)

所在地 大分県中津市二ノ丁1273 祭 神 天照大御神・豊受大御神・倭姫命・天宇豆売命 由 緒 1881年、伊勢神宮から分霊を勧請し、中津城址に創建したのが始まりといいます。創建当初は、神宮豊前教会という名称でした...
中津市の御朱印

雲八幡宮の御朱印~河童と可愛い御朱印が人気の神社~(大分県中津市耶馬溪町)

住 所 大分県中津市耶馬溪町大字宮園407 祭 神 主祭神 雲八幡大神(八幡大神・大山積神) 相殿 妙見大神(天御中主神) 由 緒 201年、神功皇后が三韓征伐から凱旋帰国の途中、現在地から約500m離れた場...
大分県の御朱印

宇奈岐日女神社の御朱印~由布院盆地をつくったウナグヒメ~(大分県由布市湯布院町)

住 所 大分県由布市湯布院町川上2220 祭 神 国常立尊・国狭槌尊・彦火火出見尊・神倭磐余彦尊・彦波瀲武鸕鷀草葺不合尊・神渟名川耳尊 由 緒 82年に創建。ウナグとは、勾玉などの首飾りという意味で、こういった呪具...
大分県の御朱印

天祖神社の御朱印情報~湯布院のシンボル・金鱗湖に鎮座~(大分県由布市湯布院町)

住 所 大分県由布市湯布院町川上156−1 祭 神 天之御中主神・素盞鳴男命・軻遇突智命・事代主命 由 緒 71~130年、景行天皇が豊後国速見郡に住む速津媛に命じて、皇祖霊神を祀ったのがこの神社の始まりだそうです...
別府市の御朱印

八幡朝見神社(温泉神社)の御朱印~限定御朱印がステキな神社~(大分県別府市)

住 所 大分県別府市朝見2丁目15−19 祭 神 応神天皇・神功皇后・仲哀天皇・仁徳天皇 由 緒 1196年、豊前・豊後の守護職として入国した大友能直が鎌倉・鶴岡八幡宮の分霊を勧請して創建したのが始まり。創建当時は...
別府市の御朱印

火男火売神社(下宮)の御朱印~ほのおほのめ神社と読みます~(大分県別府市)

住 所 大分県別府市火売948 祭 神 伊弉諾命・伊弉册命・火之加具土神 社 格 式内社 由 緒 771年に創祀。鶴見岳山頂の上宮・中腹の中宮・山麓の下宮という3宮から成る神社とのことです。867年、鶴見岳が噴...
別府市の御朱印

白龍稲荷大神(別府白龍稲荷神宮)の御朱印情報~海地獄に鎮座~(大分県別府市)

住 所 大分県別府市御幸559 祭 神 白龍稲荷大神 由 緒 不明。 別府地獄めぐり・海地獄 ●別府地獄めぐり・海地獄 2019年、ゴールデンウィークの旅。 約20年ぶりに別府地獄めぐ...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました