出雲大社備後分院の御朱印~出雲大社教の備後担当です~(広島県三次市三良坂町)

都道府県別
所在地広島県三次市三良坂町三良坂2674
祭 神大国主命
由 緒1879年、島根・出雲大社の御分霊を勧請し、出雲大社教の布教機関の1つとして創建された神社です。出雲大社教は、出雲大社とは別団体ですが、本部は出雲大社の社務所にあり、出雲大社の職員が出雲大社教の教職員を兼ねています。
スポンサーリンク

鳥居と狛犬

●出雲大社教とは?

出雲大社教とは、出雲大社教の布教機関の1つです。
出雲大社とは別団体ですが、本部は出雲大社の社務所にあり、出雲大社の職員が出雲大社教の教職員を兼ねています。

ちなみに出雲大社の分祠・分院・教会・講社などは大小合わせて全国に約300もあり、規模は分祠 > 分院 > 教会 > 講社となっております。ということで、出雲大社備後分院は出雲大社教の2番手規模の神社となります。


●鳥居

そんなこんなで、出雲大社教の備後担当であります、出雲大社備後分院に到着。

ちなみに大社教と書いておおやしろきょうと読みます。


●狛犬

建立年を確認するのを忘れてしまいましたが、見るからに平成生まれの狛犬。

鳥居も玉垣も平成生まれと思われます。
石材に陽が反射して眩しかったです。

スポンサーリンク

拝殿

●拝殿


●拝殿
・建立年不明
・瓦葺 千鳥破風・唐破風付き入母屋造

社殿は西向きに建ってます。
ちなみに、唐破風だけ銅板葺でした。


神紋は二重亀甲に大


参拝法は、本場・出雲大社と同様2礼4拍手1礼です。
毎度毎度、クセで2礼2拍手1礼をしそうになります。

スポンサーリンク

本殿

●本殿

●本殿
・建立年不明
・銅板葺 入母屋造
・大国主命を祀る

木に隠れてしまってるため全体像を確認できず・・・もしかして大社造かなぁ~と思いつつ観察してましたが、入母屋屋根が確認できたので、これは大社造ではなさそうです。


そんなことより!
本殿北側の石積みは亀甲積


そして、側の石積みは乱積
さらに、側の石積みは谷積!

なんと本殿の3方の石積みがそれぞれ違った積み方になってるという!
1度に3度美味しい!

これは石工さんの遊び心かい?
素敵過ぎます。


ちなみに境内の石垣も、亀甲積と乱積と谷積のミックスでした!
これは面白いですね!

スポンサーリンク

八雲天満宮

●八雲天満宮


●八雲天満宮
・建立年不明
・銅板葺 流造
・菅原道真を祀る

●八雲天満宮の由緒
1748年、三谿郡で割庄屋をしていた伊藤勘十郎が、京都・北野天満宮の分霊を勧請して創建したのが始まりといいます。


どうやらこの八雲天満宮は、三次市高杉町に鎮座する知波夜比古神社の境内社のようです。
それにしても、別の神社の境内社があるのって珍しいですなぁ~!


●知波夜比古神社の参拝記
知波夜比古神社の御朱印~広島県三次市高杉町383~
住 所広島県三次市高杉町383祭 神日子穂々出見命・豊玉毘売命・邇邇芸命・木花佐久夜毘売命・鵜草葺不合尊・玉依毘売命・塩椎神・火須勢理命・事代主命由 緒創建年は不詳。しかし927年に編纂された延喜式神名帳...
スポンサーリンク

その他、境内社など

●境内社

●境内社
・建立年不明
・銅板葺 流造
・祭神不明

どなたが祀られてるのでしょう?
ちなみに、石積みは布積


●境内社②③

左 → 大仙社
右 → 稲荷社

大仙社は打込接乱積
稲荷社は乱積

この神社・・・なんか石積みにこだわりがあるのかなぁ(笑)
いろんな石積みがあって楽しいです。
というか、このページ・・・気が付けば石積みブログになってる!


●石灯籠

●石灯籠①(写真左)
・1913年建立

●石灯籠②(写真右)
・建立年不明

あり物で作ったような個性丸出しの石灯籠でした。
素敵です。


●絵馬

絵馬には、因幡の白兎がデザインされてました。
出雲大社教の神社では、この絵馬をよくお見かけします。
そんなこんなで、大社教オリジナル絵馬と勝手に命名。

御朱印

●御朱印情報
御朱印は授与所で頂きました。

出雲大社備後分院の地図

 

タイトルとURLをコピーしました