宝来宝来神社の御朱印~ホギホギするパラダイス珍社~(熊本県阿蘇郡南阿蘇村)

都道府県別
所在地熊本県阿蘇郡南阿蘇村河陰2909−2
御神体当銭岩
由 緒宝くじ当選者が夢のお告げで創建した神社です。
HP【公式】開運 | 宗教法人 宝来宝来神社 | Minamiaso
スポンサーリンク

宝来宝来神社とは?

●宝来宝来神社とは?

急に阿蘇山が見たくなったので、適当に南阿蘇村をドライブ。

するとパワースポットという看板を発見!

ホーライではなくホギホギ・・・
どうやら、宝来宝来神社と書いてホギホギ神社と読むみたい。

看板から滲み出る怪しさと、可愛い過ぎる社名が気になったので立ち寄ってみることにしました。


そんなこんなで、境内に到着。

雄大な阿蘇山を背景に
真っ赤な社殿がドドドドドーン!

なんだこのユートピア感。
パラダイス感。
ラビリンス感。
ダンジョン感。
見るからにB級感まる出し感!

まるで神社のテーマパークに迷い込んでしまったかのようでした。

ドキドキするね。
ワクワクするね。
多分、鼻の穴から心臓の音が漏れていたと思います。


そんなことより、この神社は平成時代に創建された新しい神社のようです。

宝来宝来神社の由緒はこちら。

●宝来宝来神社の由緒
2004年、リストラされた重機の運転手がこの地の造成工事を行っていたら、大きな岩にブチ当たったといいます。

そんなこんなで、運転手がその岩を取り壊そうとしたら、突然重機が動かなくなったという!

その夜、に岩が出てきて『どうして私を壊そうとするのだい?』と問われました。

運転手は『生活のためにお金が必要なんだ』と答えると、岩は『それなら宝くじを買いなさい。そして当たったお金の一部で私を掘り出して祀ってくれないか?』というお告げがあったという。

運転手は半信半疑で宝くじを買うと生活に困らない程度の額が当選
そして岩を掘り出して祀りました。

その後、その話を聞いた友人がその岩を拝んで宝くじを買ったところ、途方もない額が当選

その噂が広まり、誰ともなくその岩を当銭岩と呼ぶようになり、願掛けをする人々が訪れるようになったといいます。

そんなこんなで、宝来宝来神社は宝くじに当選した人々の寄付によって建立された神社なんだって。



それにしても、どの社から巡ればいいんだろう。

社殿が境内を1周しているので、どれがメインの社殿なのかわかんない!
スポンサーリンク

宝来宝来堂と当銭岩

●宝来宝来堂

ということで、境内の真ん中に立って辺りを見渡してみると宮司さんを発見。

とりあえず宮司さんがおられる社殿から参拝することにしてみよう。

どうやら、こちらは宝来宝来堂と呼ばれるお堂のようです。
神社なのにお堂という違和感。


境内は思いのほか参拝者が多く、祈祷を受けているお方もチラホラ。

説明板によると、日曜と祝日に無料でお祓い・開運祈願が行われてるんだって。


●ホギホギ鳥居(仮名)

宝来宝来堂の裏には9つの鳥居が立ち並ぶエリアがありました。

ということで立ち寄ることに。


参拝法はホギホギ!

ホギホギと唱えながら9つの鳥居をくぐるんだって!

●呪文の唱え方
夢をつかむイメージをもって手を合わせてください。

つかんだその夢を自分の方へ左右に引き寄せホギホギと唱えます。



ちなみにホギホギとは
陽幸和福招金満宝来
(ヨウコーワフクショーキンマンホウライ)
の略語なんだって。


鳥居に目を向けると・・・ホギホギやってる!


そんなこんなで、私もホギホギをしてきました。

ホギホギ、ホギホギ・・・
ホギホギ、ホギホギ・・・

どんどん幸せな気分になってきたよ!

脳の開放。
心の開放。
笑顔の開放。

恐るべしホギホギパワー。
これはまさにパワースポット!

なんだか真面目に生きてることが阿保らしくなってきました。


●当銭岩

ホギホギ鳥居の途中には巨大な岩がありました。

どうやら、こちらが由緒に書いてあった御神体の当銭岩のようです。

この当銭岩の写真を枕の下に入れて寝ると、夢に岩が現れて、宝くじの買い時やLOTO6の当選番号を教えてくれるんだと!


●札束岩

続いて札束岩という岩が登場。

ネーミングが露骨!


●願掛岩

さらに願掛岩が登場。

こちらは宝くじの当選を祈願する岩のようです。


●ラッキーナンバールーレット

LOTO6とナンバーズの当選番号を教えてくれるルーレットもありました。

宝くじに当選した人々の寄付によって建立された神社だけあって、露骨に金金金。

ここまで徹底していると、逆に清々しくて気持ちいいです!


●御神体シール

ちなみにホギホギ鳥居の周辺にはたくさんのおみくじ機が点在していました。


その中でも1番気になったのがこちらの御神体シール

御神体シールを携帯電話に貼ると宝くじの当選確率が50%UP!

ホギホギと念じると御神体の当銭岩と一体になってさらに当選順がUP!

100%も夢じゃない!

そんなん絶対買うでしょっ!


ということで購入。


ヤバいです!
お金持ちになってしまうかも!

ちなみに御神体シールは200円です。
スポンサーリンク

大龍神と千寿狛犬と縁切布袋と子安観音

●大龍神様

続いて、大龍神様という神殿を参拝。

大龍神様のザックリとした由緒はこちら。

1代で日本を代表する会社となった社長

中国に出張した際、薄暗い倉庫の片隅にて大龍神様千寿狛犬様に出会う。

帰国後、夜な夜なに大龍神像と千寿狛犬像が出現。

神殿を建立して祀ってくれたら
何でも言うことを聞く
というお告げがある

そんなこんなで、雑誌(ムー)で知ったこの神社に神殿を建立して大龍神像と千寿狛犬像を祀る

ザックリとこんな感じの由緒でした。

ムーというところがいかにも!って感じでいいですね!


ということで、こちらが夢に出てきた龍神様のようです。

もの凄い迫力でした。
高そうだぁ・・・って、いかんいかん、御神体に向かって何を言っているのだ。


そんなことより、なんと!

神殿内にはバーチャル無料祈祷があるという!


そんなこんなで、開始ボタンを押して無料祈祷スタート。

すると画面に宮司さんが登場して、祈祷が始まりました。

伝統にとらわれない自由な感じ。
この神社だと何をやっても許されるような気がします。


テレビ画面に向かって深々と1礼。
宮司さん、ありがとうございました。
そしてお疲れ様でした。


その他、龍神様の周りには4つの太鼓がありました。

ホギホギと念じた後、3回ずつ叩いてお参りをしてきました。


●千寿狛犬様

続いて、千寿狛犬様を参拝。


神殿内には、大龍神様とともに社長の夢に出てきた千寿狛犬様が祀られていました。

大龍神様同様、これまた凄い迫力でした。
これも高そうだぁ・・・一体全体、これらの御神体を寄進したお方は何の会社の社長さんなんだろう。

説明板には社長(岡山の方)と書いてありました。


●縁切布袋様と縁結び子安観音様

続いて、縁切布袋様縁結び子安観音様を参拝。


大龍神様と千寿狛犬様と同じ作風でした。
由緒には書いてなかったけど、これも社長さんが寄進したのかなぁ。


イスに座る観音さま。

あたしゃ目が悪いから、一瞬エマニエル夫人に見えてしまいましたよ。

スポンサーリンク

祈祷堂と神馬舎(?)

●祈祷堂

続いて、祈祷堂を参拝。


祈祷堂は本格的な神社造りになっていました。

なんとなく古代出雲大社の本殿っぽいイメージです。


そんなことより、堂内の顔ハメが面白かったです。

顔ハメの前にがあるので、ソロ活動の方でも顔ハメを自撮りできるという!

これさえあれば、見知らぬ人に声を掛けて間抜けな姿を晒さなくてもいいという!

結構なハメ歴とハメ数の私ですが、やはり見知らぬ人に声掛けをして、さらにキャラに扮してハメ顔をキメるのは毎度ながら恥ずかしいものです・・・歳を重ねるごとに恥ずかしさが増してきています。

そんなハメラーの最大の弱点はやはりソロ活動。

こちらの顔ハメは、そんなハメラーの弱点を完全に解消した、何気に画期的な顔ハメになっておりました。


そんなこんなで、嫁はんがチャレンジ。

ガッツリ写り込む私。
嫌なヤツ。


●神馬舎(?)

こ、これは・・・神馬舎?


完全にメリーゴーランドのヤツですやん!
スポンサーリンク

開運御利益ブラックルーム

●開運御利益ブラックルーム

とまぁ、いろいろなお堂がありましたが、最上級に謎なのがこのブラックルーム

もはやお堂ではなくルームと名乗っちゃってる。

開き直った感が気持ちいいです。


その名の通り、ルーム内は真っ暗で入口から中央まで約20m

中央の壁には御利益の教義が書いてあって、目が順応するとその教えを読むことができます。


ちなみに閉所恐怖症の方と女性1人での入室は禁止となっております。


ネタバレしちゃアレなんで細かいことは書けませんが、ルーム内はこんな感じでチカチカしていました。


多分、この方がルームの御神体?

その他の見どころ

●御宝物殿

なんと宝物殿まであるという。

どんなお宝があるのかと思ったら、ただのお土産売り場だったというね。


ちなみに境内にはこういったお土産屋さんが何ヶ所かあるのですが、全て無人販売となっておりました。


●一粒万倍や宝来水など


その他、一粒万倍や宝来水の水源や未来転生堂などのスポットがあるのですが、キリがないので現地でご確認をっ!

未来樹の丘

●未来樹の丘

最後に境内には洋風な丘までありました。


どうやらこちらは公園型の供養墓のようです。



暗い寂しいお墓のイメージを変えたいという思いで造られたんだって。

霊園内には様々な石仏さんがおられ、亡者の霊を弔っておりました。


神社なのに霊園があるというのも、なかなか珍しい光景ですね。


そんなこんなで、参拝終了。

いやはや、刺激的で楽しいパラダイス珍社でした。

気がつけば夕方・・・どんだけ長居してんだか。

御朱印情報

●御朱印の種類
・宝来宝来神社の御朱印

●御朱印の受付場所

●御朱印の受付場所
・おみくじ所

写真の矢印のところに御朱印のスタンプが用意されています。
御朱印はセルフサービスになっておりますので、自身でスタンプを押して持ち帰ってください。

ちなみに宮司さんがおられるときは直書きの対応もしています。

●御朱印の受付時間
・8:30~日没

●御朱印の料金
・無料

●期間限定・特別御朱印
・なし

●オリジナル御朱印帳
・なし

・2018年5月5日 参拝
・2021年4月 更新
スポンサーリンク

参拝情報とアクセス

●開門時間
・8:30~日没

●拝観料
・無料

●お祓い・開運祈願
日時
 日曜・祝日
時間
 12時・13時・14時・15時・16時
所要時間
 約10分
初穂料
 無料

●最寄りの駅
・南阿蘇鉄道
 長陽駅から徒歩35分
・南阿蘇鉄道
 加勢駅から徒歩35分

●最寄りのバス停
・快速たかもり号
 木の香湯温泉入口 バス停から徒歩15分

●駐車場
・無料の専用駐車場あり(30台)

宝来宝来神社の地図

 

タイトルとURLをコピーしました