高桐院の御朱印情報~京都府京都市北区紫野大徳寺町73−1~

都道府県別
住 所京都府京都市北区紫野大徳寺町73−1
宗 派臨済宗大徳寺派
由 緒1602年、細川忠興が父・細川藤孝の菩提を弔う為に建立したお寺です。1645年、83歳で没した細川忠興の遺言により、遺歯が埋葬され、以後、細川家の菩提寺として庇護されました。
スポンサーリンク

大徳寺の塔頭・高桐院

●大徳寺の塔頭・高桐院。細川家の菩提寺です。

大徳寺境内の中で、一際、木々が生い茂った場所があります。そこが高桐院。
高桐院は細川ガラシャの夫・細川忠興が建立した大徳寺の塔頭寺院です。境内に入るとストレートに伸びる苔参道がお出迎えしてくれました。木々が生い茂った外観もそうですが、境内もまたグリーングリーンとした緑の世界でした。


●ザックリと簡単に細川忠興とは
細川忠興は、織田信長の家臣で、明智光秀の3女・明智玉(ガラシャ)と結婚した人です。 世は戦国。義父である明智光秀が本能寺の変を起こすと、 忠興らは光秀から味方になるようにと誘われます。しかし忠興らはそれを拒否します。 光秀は細川父子に断られたことが決定打となり山崎の戦いで敗戦・・・光秀は敗走中に死を遂げます。 忠興は、光秀の3女である妻・ガラシャが逆臣として狙われるのを防ぐ為、 ガラシャを丹後へ幽閉します。 細川家もまた逆臣で疑われるのを防ぐ為、速やかに剃髪して信長への弔意を表し、 光秀と無関係であることを示しました。 信長の死後、豊臣秀吉に従えます。 宮津城主となった忠興は、丹後平定・小牧・長久手の戦い・九州征伐・小田原征伐など数々の戦で武功をあげました。 秀吉の死後、石田三成らと対立して徳川家康の味方に付きます。 関ヶ原の戦いで、忠興は黒田長政らと共に石田三成の本隊と激闘し、 136もの首級を上げました。 しかし、大坂城内の細川屋敷にいた妻・ガラシャは西軍に攻められます。 そしてガラシャは人質になることを拒否し自害してしまいます。 関ヶ原の戦いで大活躍した忠興は、丹後国・宮津18万石から 豊前国・豊後国速見郡・国東郡を合せて39万9000石の大名になりました。 小倉藩・初代藩主となります。 その後、病気がちになり、隠居・出家。83歳で亡くなりました。

スポンサーリンク

書院(意北軒)と松向軒

●千利休の邸宅書院を移築した書院(意北軒)



●書院(意北軒)
・1602年移築
・千利休の邸宅書院を移築
・もともとは聚楽第にあったらしいです。利休が切腹した後、取り壊されそうになりましたが、初代住職・玉甫紹琮が大徳寺に移し、その後、高桐院に移築したといわれてます。



●書院(意北軒)
・襖絵は狩野永眞 作
・床の間のの書は大燈国師 筆




●松向軒
・1628年移築
・利休の茶を忠実に継承したといわれる三斎(細川忠興)好みの茶室
・豊臣秀吉が開催した北野大茶湯の際、影向の松のそばに三斎が造った茶室といわれてます。

スポンサーリンク

客殿・前庭

●灯籠がポツンと立つ素朴な苔庭

●客殿・前庭
・江戸時代初期作庭
・通称・楓の庭
・石灯籠は鎌倉時代作



しばらく雨を見ながらボケーとしてました。
雨のお庭もなかなかオツですな。

スポンサーリンク

細川家とガラシャの墓

●ガラシャの墓を参拝(遠くから)

門の向こうにかすかに見える灯籠がガラシャの墓らしいです。
そんなこんなで、遠くから手を合わす。

・・・横着してるわけじゃありません。



こういうことです・・・・・・なんで雨なんだよ~(笑)

どうやらあの石灯籠は、千利休が愛蔵した灯籠らしいです。秀吉がこの灯籠を欲しがった為、利休は灯籠の笠の部分をわざと欠いて、傷があるから・・・と断ったらしいです。その後、忠興は切腹した利休の形見としてもらい受けたといいます。

今度は晴れた日に来よう!



オリジナル瓦には細川家の家紋・九曜紋。

スポンサーリンク

常時拝観可能な大徳寺の塔頭

●境内に22の塔頭を有する大寺院

大徳寺の境内には22の塔頭があり、ちょっとした寺町を形成してます。

22ある塔頭のうち常時拝観可能な塔頭は4つ
そのうちの1つが高桐院です。

ちなみに常時拝観可能な塔頭はこちらです。
①大仙院  ②龍源院
③高桐院  ④瑞峯院

●大仙院の参拝記
大仙院の御朱印情報~京都府京都市北区紫野大徳寺町54−1~
住 所京都府京都市北区紫野大徳寺町54−1宗 派臨済宗大徳寺派北派寺 格北派本庵由 緒1509年、大徳寺76世住職・古岳宗亘(大聖国師)が創建した大徳寺の塔頭です。現在22に及ぶ大徳寺・塔頭の中で...


●龍源院の参拝記
龍源院の御朱印情報~京都府京都市北区紫野大徳寺町82−1~
住 所京都府京都市北区紫野大徳寺町82−1宗 派臨済宗大徳寺派南派寺 格南派本庵由 緒1504~1521年、能登の畠山義元・豊後の大友義長・周防の大内義興らが創建した大徳寺の塔頭寺院です。明治時代...


●端峯院の参拝記
端峯院の御朱印情報~京都府京都市北区紫野大徳寺町81~
住 所京都府京都市北区紫野大徳寺町81宗 派臨済宗大徳寺派由 緒1532~1555年、キリシタン大名として知られる大友宗麟が、自らの菩提寺として創建したお寺です。 瑞峯院という寺名は、大友宗麟の法名・瑞峯...


御朱印


御朱印は拝観受付で頂きました。

●拝観時間
9:00~16:30

●拝観料
大人 400円
小人 200円

高桐院の地図

 

タイトルとURLをコピーしました