端峯院の御朱印情報~京都府京都市北区紫野大徳寺町81~

都道府県別
住 所京都府京都市北区紫野大徳寺町81
宗 派臨済宗大徳寺派
由 緒1532~1555年、キリシタン大名として知られる大友宗麟が、自らの菩提寺として創建したお寺です。 瑞峯院という寺名は、大友宗麟の法名・瑞峯院殿瑞峯宗麟居士から付けられたらしいです。
スポンサーリンク

キリシタン大名・大友宗麟の菩提寺

●表門


●表門
・1532~1555年建立 国重文
・檜皮葺の切妻造
・四脚門
・創建当時からある門です


●唐門


●唐門
・1532~1555年建立 国重文
・創建当時からある門です


●方丈


●方丈
・1532~1555年建立 国重文
・創建当時からある建物です
・方丈正面の扁額は後奈良天皇の筆


●安勝軒


●安勝軒
・表千家第12代・惺斎好みの茶室
・大徳寺山内で唯一の逆勝手席の茶室

●逆勝手とは
①床の間の向かって右に本床、左に床脇棚があるものらしい。
②茶の湯で、客が主人の左手に座るかたちの茶席。
道具の置き方や、点前の方法が一部逆になるとのこと。

うぅ~ん・・・わかったようでわからないような。。
茶道をやったことがないので、イメージできません(汗)

スポンサーリンク

独坐庭

●まるで彫刻のような庭園

●独坐庭


●独坐庭
・1961年作庭
・重森三玲 作
・蓬莱山式枯山水庭園

蓬莱式庭園とは、蓬莱山から流れた水が大海になる姿を表現したお庭です。 ちなみに蓬莱山とは不老不死の仙人が住む理想郷です。

大荒れの海を表現してるのでしょうか。まるで彫刻のように深彫りされた白砂が、とんでもないビッグウェ~ブで迫ってきてます。轟々とした波音が聞こえてきそうです。



庭園といえば心が落ち着く場所っていうイメージがありますが、このお庭のように血が騒ぐ庭園っていうのもあるんですな。なにかパワーを頂けそうなお庭でした。



こんな感じで作ってるんですね!
お庭の手入れは住職さんがやってるとのことです。お疲れ様です。 めっちゃ力を入れて踏ん張ってる姿が印象的です。 おかげでステキな時間を過ごすことができました。

スポンサーリンク

閑眠庭

●なんと!お庭に十字架が!

●閑眠庭
●閑眠庭
・1961年作庭
・重森三玲 作
・枯山水庭園



キリシタン大名・大友宗麟を偲んで作られたお庭らしいです。
縦4個、横3個の石を線で結ぶと十字架になってるという!見事なまでに禅とキリシタンが合体したお庭でした。なかなかメッセージ性の高いお庭ですな。



お庭観賞は奥が深い。

スポンサーリンク

大徳寺の塔頭

●境内に22の塔頭を有する大寺院

大徳寺の境内には22の塔頭があり、ちょっとした寺町を形成してます。

22ある塔頭のうち常時拝観可能な塔頭は4つ
そのうちの1つが端峯院です。

ちなみに常時拝観可能な塔頭はこちらです。
①大仙院  ②龍源院
③高桐院  ④瑞峯院

●大仙院の参拝記
大仙院の御朱印情報~京都府京都市北区紫野大徳寺町54−1~
住 所京都府京都市北区紫野大徳寺町54−1宗 派臨済宗大徳寺派北派寺 格北派本庵由 緒1509年、大徳寺76世住職・古岳宗亘(大聖国師)が創建した大徳寺の塔頭です。現在22に及ぶ大徳寺・塔頭の中で...


●龍源院の参拝記
龍源院の御朱印情報~京都府京都市北区紫野大徳寺町82−1~
住 所京都府京都市北区紫野大徳寺町82−1宗 派臨済宗大徳寺派南派寺 格南派本庵由 緒1504~1521年、能登の畠山義元・豊後の大友義長・周防の大内義興らが創建した大徳寺の塔頭寺院です。明治時代...


●高桐院の参拝記
高桐院の御朱印情報~京都府京都市北区紫野大徳寺町73−1~
住 所京都府京都市北区紫野大徳寺町73−1宗 派臨済宗大徳寺派由 緒1602年、細川忠興が父・細川藤孝の菩提を弔う為に建立したお寺です。1645年、83歳で没した細川忠興の遺言により、遺歯が埋葬され、以後...


スポンサーリンク

御朱印


御朱印は拝観受付で頂きました。

端峯院の地図

 

タイトルとURLをコピーしました