宮尾八幡宮の御朱印~6種の御朱印~山口県宇部市大字西万倉1773~

都道府県別
住 所山口県宇部市大字西万倉1773
祭 神主祭神
応神天皇・神功皇后・仲哀天皇
相殿
田心比売命・多岐津比売命・市杵島比売命
由 緒創建年は不詳。創建には諸説あるという。説①・・・真暗村別府八幡宮御縁起によると、別府古宮台という地に鎮座したのがこの神社の始まり。その後、現在地に遷宮したという説。 説②・・・言い伝えによると、神功皇后が三韓征伐の際、神元(じんが)の里の小高い山から一望し、船木の地にそびえる大楠木を船の材料として要望したという。しかし里人は、大楠木の小枝を日々の煮炊きに利用していたので大変困っていたらしい。するとそこに白髪の老人が現れ『大楠木を献上すると、その地から石炭が出土するであろう』と言い聞かせたという。里人は喜んでこの大楠木を献上。すると石炭が出土しました。そんなこんなで、里人の生活は豊かになり宮尾八幡宮を建立したという説。説③・・・史実によると、1352年、厚東の城主・越後守義武氏が宇佐八幡宮から分霊を勧請したのが始まりという説。
HP宮尾八幡宮 万倉護国神社 万倉天満宮 神葬祭 永代供養
スポンサーリンク

宮尾八幡宮・拝殿と本殿



●拝殿


●拝殿・・・1876年建立 銅板葺き入母屋造

拝殿正面には、宮尾八幡宮と宗像神宮の扁額が掲げられてました。
もともとは八幡神を祀る神社でしたが、1907年に宗像三女神が合祀されたとのことです。八幡系の神社では、八幡神と宗像三女神をセットで祀ることが多いように思えます。


●本殿


●本殿・・・1816年建立 銅板葺き流造

本殿の妻には立派な鶴の彫刻がありました。

スポンサーリンク

万倉天満宮

●ド派手な社殿に目が覚める!


ビジュアル系社殿とでもいいましょうか、とても過激な色合いです。



しかし派手なのは向拝だけで、本体部分はとてもシックな色合いになってます。なんとなくのイメージですが、デーモン閣下が喪服を着ているような印象を受けました。

●過激で大人な社殿ですが神牛はベビーフェイス

これは可愛い!

●そんな事より拝殿前には大正時代のおみくじ機がありました!


大正11年製だという!
1922年製・・・なんとっ100年前のおみくじ機!




ディスプレイ的な感じで、ただ飾ってるだけなのかなぁと思ったら、現役選手のようです! それにしても多分って(笑)



普段は初詣の時しかおみくじをしない私ですが、こんな面白い物を無視することはできません。ということで、早速100円玉を投入!

・・・

・・・・・


・・・・・・・・





出ない(笑)

これはもう大凶ですわ。




●そして2か月後・・・またやってきました(笑)
出るか出ないかはおみくじ機の気分次第。

・・・
・・・・・・



出ました!

ボーンという音と共に!




しかもダブルで大吉でした!

スポンサーリンク

境内には薬師堂が!

●どうやら神仏習合の名残のようです

薬師如来坐像
1324年作 山口県指定有形文化財
像高 87.3cm 檜一木造
別名・辻の堂薬師

堂内には鎌倉末期作の薬師さんがおられました。その他、不動明王立像・十二神将像がおられました。ここまで分かりやすい神仏習合の名残もなかなか珍しいです。

スポンサーリンク

狛犬


●狛犬①②・・・1897年建立
もしかしてあの玉は飴だったのか・・・。
くわえてる玉が飴玉のように小さかったです。

●狛犬③④・・・建立年は確認できませんでした。
浪速型の狛犬。

●狛犬⑤⑥・・・建立年は確認できませんでした。
広島玉乗り型の狛犬。
足元で子供がジャレていて、とても可愛かったです。

スポンサーリンク

その他の見所


●玉垂神社・・・武内宿禰命を祀る。摂社です。

●御旅所・・・一ノ鳥居をくぐってすぐの所にあります。

●宮尾八幡宮の森・・・境内の森はシイを主体とする照葉樹林でクスノキやタブノキやモチノキなども混生してるそうです。

御朱印

●6種類の御朱印が頂けます。

①宮尾八幡宮
②万倉天満宮(境内社)
③薬師堂(境内社)

④万倉護国神社(兼務社)
⑤広矛神社(兼務社)
⑥賀茂神社(兼務社)

全て宮尾八幡宮の社務所で頂けます。

兼務社の場所や境内の様子はこちらに記しております。
●万倉護国神社の参拝記
万倉護国神社の御朱印~山口県宇部市大字西万倉496~
住 所山口県宇部市大字西万倉496祭 神主祭神は国司親相(信濃)・その他、禁門の変・四鏡戦・西南戦争・日清戦争・日露戦争・大東亜戦争などで戦没した英霊204柱由 緒1866年、国司家当主・国司純行が、国司...


●広矛神社の参拝記
広矛神社(若一王子社)の御朱印~山口県宇部市大字奥万倉615~
住 所山口県宇部市大字奥万倉615祭 神主祭神大国主命相殿事代主命・武御名方命由 緒1288~1298年頃、柏ノ木という地に創建したのがこの神社の始まり。創建当時は若一王子神社という社名だった...
この旅では時間的に賀茂神社の御朱印は見送ることにしました。またの機会にでも!

宮尾八幡宮の地図

 

タイトルとURLをコピーしました