南宮神社の御朱印~広島県府中市栗柄町2980~

都道府県別
所在地広島県府中市栗柄町2980
祭 神孝霊天皇・伊弉諾尊・伊弉冉尊・金山彦命
由 緒807年に創建。その昔は、吉備津神社と肩を並べる備後三大社の1つだったそうです。1説によると、吉備津神社が一宮に昇格以前は、この南宮神社が一宮だったといわれています。南宮という社名は、美濃国一宮の南宮大社を勧請したという説と、備後国府の南に鎮座するからという説があるそうです。
スポンサーリンク

鳥居と随神門と狛犬

●鳥居①

●鳥居①
・建立年不明
・明神鳥居

広島県府中市栗柄町に鎮座してます南宮神社に到着。


●参道

石柱が建ち並ぶ参道。
なんと鳥居から随神門の間には、6対の石柱が建ってるという。


可愛い書体の社標。
南宮という社名には2説あって、美濃国一宮の南宮大社を勧請したという説と、備後国府の南に鎮座するからという説があるんだって。

そんなこんなで、石階段を上ると


●随神門

●随神門
・1687年建立
・瓦葺 三間一戸の八脚門
・府中市指定重要有形文化財



その昔は参道にも、もう1つ随神門が建っていたそうです。
そんなこんなで、境内には2つの随神門があったという。
説明板によると、その昔は、備後国一宮・吉備津神社に次ぐ大社だったそうです。

スダレの奥には2対の随神像が祀られてました。
もしかしたら、どちらかの1対はもともとあった随神門の神像かも???


●狛犬

本殿前には4対の狛犬がおられました。

備前焼の狛犬1対。
玉乗り型の狛犬1対。
構え獅子の狛犬1対。
広島玉乗り型(尾道型)の狛犬1対。

尾道と岡山が近いせいか、広島玉乗り型(尾道型)と備前焼が一緒におられるという。なんだか地域性があって面白いなぁ、と思ったひと時。
そんなこんなで、狛犬密度が高めの神社でした。

スポンサーリンク

本殿と境内社

●本殿

●本殿
・1669年建立
・瓦葺 唐破風・千鳥破風付き入母屋造
・府中市指定重要有形文化財
・孝霊天皇・伊弉諾尊・伊弉冉尊・金山彦命などを祀る

なんと、県内でも数少ない五間社の入母屋造だという!
大きさに圧倒されちゃいました。


その昔は、吉備津神社と肩を並べる備後三大社の1つだったそうです。
1説によると、吉備津神社が一宮に昇格以前は、この南宮神社が一宮だったのではないかといわれてるんだって。


本殿の外周には、たくさんの絵馬が掲げられてました。
私的には、隙間なくビッシリと描かれたこの絵馬が印象的でした。
どうやら1882年に奉納された絵馬のようです。
富士山が確認できますので、この地域を舞台にした絵ではなさそうです。 江戸の町を描いてるのでしょうか?


●境内社

●境内社
・左 → 市杵島神社
・中 → 出雲神社
・右 → 貴船神社

●市杵島神社
・市杵嶋姫神を祀る
・通称・宮島さん。

安芸・厳島神社より勧請された神社です。もともとはここから200mほど離れた地に鎮座していたんですって。明治時代初め頃までは、秋祭りの御旅所として賑わっていたそうですが、神輿が担がれなくなると次第に忘れ去られて衰退・・・。そんなこんなで、2000年に地元の有志によってこの地に移転再建されたんだって。


●貴船神社
・水波能売神を祀る

もともとは、南宮神社・末社の筆頭である二宮として、栗柄・土生・僧殿・府川・高木・中須という6村の崇敬社だったそうです。当時は、平井の城平という地に祀られていたんですって。しかし、1716年建立の本殿の破損が激しく、また同所に再建することが困難だったため、2004年にこの地に移転再建したそうです。

スポンサーリンク

鐘楼と孝霊塚と神馬舎

●鐘楼

●鐘楼
・江戸時代中期建立
・瓦葺 切妻造
・府中市指定重要有形文化財

なんと境内には鐘楼があるという!
これは神仏習合時代の名残りで、南宮神社の参道脇にある神宮寺のものなんですって。

ちなみに、鐘楼がある神社は全国で200余社で、広島には2社しかないそうです。


ちなみにこちらが神宮寺です。

●神宮寺の参拝記
神宮寺(あじさい寺)の御朱印~広島県府中市栗柄町2987~
所在地広島県府中市栗柄町2987宗 派真言宗御室派由 緒1116年、南宮神社の別当寺として、京都・東寺の僧が開創したお寺だそうです。HPあじさいの寺 神宮寺境内入口●南...



●孝霊塚

●孝霊塚
南宮神社の主祭神・孝霊天皇の御陵といわれてます。

ちなみに、この塚の由来には2説あるそうです。

●説①
孝霊天皇が譲位の後、この地に移り住み、そして崩御したという説。

●説②
孝霊天皇の子・吉備津彦が、四道将軍として吉備国に滞在中、父・孝霊天皇を偲んで分霊を祀る御陵を築いたという説。

どちらの説も浪漫があって好きだなぁ。


●神馬舎

境内の片隅には、ひっそりと神馬舎が建ってました。
檻に閉じ込められた神馬ちゃんが、ちょっと不気味でした。

スポンサーリンク

木造・神像

●木造・神像

●木造・神像
・平安時代末期~鎌倉時代前期作
・国指定重要文化財

もともとこの神像は、御神体として本殿内に祀られていたそうです。

像高や作風などから、男神1~4と、女神1~3と、女神4~5と、童子形、男神5に分けられてるらしく、年齢や身分を区別して神格の違いを造り分けているんだって。そんなこんなで、神像製作の有様を考察するうえで注目される一品とのことです。


●境内からの景色

いやはや素敵な神社でした。

スポンサーリンク

御朱印

南宮神社の地図

 

タイトルとURLをコピーしました